夜勤の看護師派遣

夜勤の看護師派遣

看護師の夜勤派遣がお勧めな理由

沢山ある看護師派遣の仕事の中でも、給料の高さ・働きやすさなどで夜勤派遣はとても人気がありますし、私も夜勤派遣はおすすめだと思います。

夜勤派遣を募集している病院は、ほとんどが2交代制の病院です。

2交代制の場合は、1勤務が16時間労働で1回の勤務で2日間勤務した事になります。

1度の出勤で2日間勤務した事になるので、休みの数も増えますし、夜勤は日勤に比べて業務量が少ないのが一般的なので、効率よく稼ぐ事が出来るのです。

夜勤入りは16時くらい、夜勤明けは9時くらいから日中の時間が有効に使えるのも魅力です。

あまりハードな職場だと、夜勤入りはギリギリまで寝ていたり、夜勤明けは夜まで寝て過ごしたりという事になってしまいます。

夜勤中にしっかりと休憩や仮眠が取れれば、夜勤明けの時間を有効に使う事が出来ます。

私は以前、整形や外科などで夜勤派遣をしていましたが、仮眠や休憩はしっかりと取れる病院でした。

休憩は夕食休憩が21時~22時、ナースコールがなければずっと座って記録や看護計画を立てたり、各自休憩したり、仮眠は交代で3時間ずつ取っていました。

オペがない土日や祝日の夜勤の時は、夜勤の業務も少ないので、仮眠を4時間取ったり、休憩を増やしたりしていました。

忙しい病院だと仮眠も休憩も取れない所も結構あるので、事前に職場の様子を調べる事をお勧めします。

毎日は働けない方、月に1回位なら働ける方、ダブルワークの方なども夜勤バイトなら働きやすいと思いますよ。

夜勤派遣は、月に1回~OK、単発など自分の都合に合わせて仕事を入れる事が出来るので、ライフスタイルに合わせて働く事が出来ます。

普段は常勤やパートをしながら、月に1回だけ夜勤バイトをしている方や、普段は子育てを優先してご主人の休みの前日のみ夜勤派遣をしている方など色々な方がいましたよ。

夜勤派遣は効率よく稼げます!

夜勤派遣は、効率よく稼ぐ事が出来るので人気があります。

私も以前、整形・緩和ケア・老人病院などで夜勤派遣をしていました。

私はもともと日勤よりも夜勤の方が好きなのもありますが、夜勤バイトはとても働きやすかったですね。

夜勤派遣月に1回~OKや単発での募集もあります。

毎日は仕事に入れない方、次の仕事までの繋ぎの方、ダブルワークの方など、色々な方がいましたね。

私は、子供が1歳になって復帰しようと思いましたが、季節が11月と中途半端だったので、4月まで期間限定の夜勤バイトをしていました。

その後も月に1~2回の夜勤バイトを続けています。

夜勤派遣は、2交代制の病院がほとんどですが、仮眠や休憩がしっかりと確保出来る職場なら、日勤だけの仕事よりも体は楽です。

日勤も夜勤もするという方は、不規則で疲れやすくなりますが、夜勤派遣しかしない方は、その方が体調や生活リズムは整います。

夜勤バイトは、給料も高いですね。

一般病院なら1勤務3~4万円、老健や老人病院なら2~2万5千円位が相場ですね。

私は子育てをしながらの仕事なので、あまりハードな職場だと家庭が疎かになると思い、事前に働きやすい職場・評判の良い職場を探す事にこだわりました。

看護師求人情報サイトを利用して、ママさんナースにも働きやすい病院・評判の良い病院だけを紹介してもらい、職場の細かい情報(業務量や残業の多さ・仮眠や休憩の有無など)をしっかりと調べてもらったので、良い求人を見つける事が出来ました。

夜勤の看護師派遣におすすめな科

看護師の働き方で、最近人気があり需要も多いのが、夜勤の看護師です。
夜勤の看護師派遣は、給料が高く、少ない日数で効率良く稼ぐ事ができるのが、人気のポイントです。

しかし、この夜勤派遣の仕事は、病院や科によって、業務内容や仕事量にかなりの差があります。
そして、他の働き方に比べると、当たり外れがとても大きいので、職場を選ぶ際には、気をつける必要があります。

多くの方が、一般病棟よりも、医療行為の少ない老健や老人病院のほうが、夜勤は楽だというイメージを持っていると思います。
そして、一般病院の場合でも、外科系よりも内科系のほうが業務内容が楽だというイメージを持っているのではないでしょうか?
しかし、実際には、病院や職場によって全く異なります。

イメージだけで職場選びをしてしまうと、実際に働いてみると、全然違った、というケースが多いんです。

業務が楽なように見える福祉系の職場でも、スタッフの人数が少なく看護師1人のみの夜勤体制で、介護の仕事も求められる職場の場合は、業務内容が多くかなりハードです。

その為、イメージだけで簡単に職場を決めてしまうと失敗し、すぐに辞めてしまう、という結果になってしまうんです。

当たりの職場を選ぶ為には、事前に職場環境を確認する事が大切です。
看護師求人情報サービスを利用すれば、コンサルタントさんが事前に職場環境や人間関係など、ほぼ確実に調べてくれるので、職場選びに失敗する事はありませんよ。

働きやすそうな科という考え方は捨てて、事前に職場環境を調べた上で、働きやすい職場を選ぶ事をお勧めしますね。
自分に合った職場であれば、夜勤専従は効率良く稼いで、プライベートの時間も確保できる、お勧めの働き方です。

 - 働き方で選ぶ看護師派遣

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

看護師の健診派遣

看護師健診派遣が人気の理由 看護師の派遣には色々な種類がありますが、健診派遣はメ …

デイサービスの看護師派遣

デイサービス看護師は働きやすい! 看護師派遣の中でもデイサービスの求人は多いです …

老健の看護師派遣

老健の看護師派遣 老健や老人病院・老人ホーム・グループホームなどは、派遣看護師が …

イベントナースの看護師派遣

目次1 イベントナースはツアーナースと同じカテゴリーとして捉えられています。2 …

老人ホームの看護師派遣

目次1 老人ホームは職場によって当たり外れが大きい((+_+))2 老人ホームの …

訪問入浴の看護師派遣

目次1 訪問入浴の看護師は高給?2 訪問入浴の派遣看護師の募集は本当に多い3 訪 …

看護師派遣でクリニック

目次1 クリニックで期間限定の看護師派遣2 クリニックの仕事内容は?3 クリニッ …

ツアーナースの仕事内容と給料

ツアーナースって楽しい! ツアーナースって本当に人気がありますね。 ツアーナース …

保育園の看護師派遣

目次1 保育園ナースのメリット・デメリット2 子供に癒される保育園ナースのお仕事 …

採血室の派遣看護師

目次1 採血室の派遣看護師2 採血単発バイトなら短時間勤務が可能 採血室の派遣看 …